講師プロフィール

京都市立音楽高等学校(現:京都市立堀川高等学校)卒業。桐朋学園大学カレッジディプロマコース卒業。
2005年に石川ミュージックアカデミーに参加。2006年桐朋学園大学在学中に『ARCチェンバーオーケストラ第三回定期演奏会』にてソリストを務める。2009年京都芸術際新人演奏会に出演。2011年にはARS Locus 音楽ホールにて『Beethoven×Piazzolla』を開催し好評を博す。
2012年秋には青山音楽記念館バロックザールにて『ヴァイオリンソロデビューリサイタル~francais~』を開催し各方面から高い評価を得る。
2014年には「×Piazzolla」シリーズ第二回を開催し好評を得る。
2015年末にはオーケストラとの共演も控えている。

現在はプロオーケストラをはじめ、室内楽、ソロなど関西を中心に活動している。
またアルゼンチンタンゴにも意欲的に取り組み、2013年より本格派タンゴ集団「アストロリコ」のメンバーの一人として活躍していた。
その他ジャンル問わず多方面で活躍中。
これまでに戸上和代、木村和代、西和田ゆう、森下幸路、原田幸一郎の各氏に師事。
アルゼンチンタンゴを麻場利華、門奈紀生の各氏に師事。
また後進の指導にも力を注いでいる。